おすすめの不動産投資会社【厳選12社】 >>

当サイトはプロモーションが含まれています

【会社員必見】不動産投資を法人で行う5つのメリット

この記事では、不動産投資を法人として行う際の5つのメリットについて詳しく解説します。不動産投資は個人として行う場合と法人として行う場合で、税制や経費の取り扱いが大きく異なります。

特に、経費の活用や税金のメリット、さらには5年以内の売却時の税率の違いなど、法人としての不動産投資の魅力を具体的に知ることができます。また、会社員の方が副業として不動産投資を行う際の注意点や回避策についても触れています。

 

法人としての不動産投資の基本

不動産投資を行う際、個人名義での取得と法人名義での取得が考えられます。法人としての不動産投資は、税制上のメリットや経費処理の柔軟性など、多くの利点があります。

まず、法人としての不動産投資の最大の特徴は、経費の差し引き後の所得に対して税金がかかる点です。これにより、適切な経費処理を行うことで、税負担を軽減することが可能となります。

 

また、法人の場合、不動産取得に関する諸経費や修繕費、運営に関する費用などを経費として計上することができます。

これにより、所得を圧縮し、税金の節約が期待できます。さらに、法人の場合、資金調達の際にも多くの選択肢が広がります。銀行からの融資はもちろん、投資家からの出資を受け入れることも可能です。

 

法人としての不動産投資を行う際の注意点として、適切な経理・帳簿の管理が挙げられます。

税務署の調査を受けた際、不適切な経費計上や帳簿の不備があると、追徴課税のリスクが高まります。そのため、税理士との連携や適切な経理システムの導入が不可欠です。

 

経費としての様々な支出の活用法

法人としての不動産投資を行う最大のメリットの一つが、経費の活用です。経費として計上できる項目は多岐にわたります。具体的には、物件の取得に関する諸経費、修繕費、管理費、広告宣伝費、税金、保険料などが挙げられます。

例えば、物件を取得する際の仲介手数料や登記費用、印紙税などは、すべて経費として計上することができます。これにより、所得を圧縮し、税負担を軽減することができます。

 

また、物件の修繕や改修にかかる費用も経費として計上可能です。特に、大規模な修繕を行う場合、その費用を経費として計上することで、大きな税金の節約が期待できます。さらに、物件の運営に関する費用も経費として計上できます。

例えば、物件の広告宣伝費や管理会社への報酬、清掃費、ゴミ処理費など、日常的にかかる費用も経費として計上することができます。これにより、毎年の税負担を大きく軽減することが可能となります。

 

法人としての税金メリット

法人としての不動産投資には、税金面での大きなメリットがあります。まず、法人税率は所得に応じて変動しますが、一定の所得までは個人の所得税率よりも低い場合が多いです。

これにより、所得が一定額以下の場合、法人としての投資が税金面で有利となります。また、法人の場合、様々な経費を計上することができます。

 

これで、税前所得を圧縮し、実質的な税負担を軽減することができます。具体的には、物件の取得費や修繕費、運営費など、幅広い経費を計上することが可能です。

さらに、法人の場合、消費税の還付も受けることができます。これは、法人が支払った消費税と、法人が取得した消費税を差し引いた金額を国に還付してもらえる制度です。これにより、消費税の負担を大きく軽減することができます。

 

5年以内の売却と税率の違い

不動産を購入してから5年以内に売却する場合、その取引は短期取引とみなされます。この短期取引には、個人と法人で税率に大きな違いがあります。

個人の場合、短期取引の所得は所得税と住民税の対象となり、最大で55%の税率が適用される場合があります。これは、短期間での大きな利益を取得した場合、高い税率が適用されるためです。

 

一方、法人の場合、短期・長期に関わらず、法人税率が適用されます。これにより、5年以内の売却でも、個人よりも低い税率での取引が可能となります。た

だし、繰り返しの売買を行う場合は、不動産取引業の免許が必要となる点に注意が必要です。

 

副業規則と家族を代表にする回避策

不動産投資は多くのサラリーマンや会社員にとって魅力的な副業として注目されています。しかし、多くの企業には副業に関する規則や制限が存在し、その中で不動産投資を行う場合、いくつかの注意点が必要となります。

まず、企業の副業規則を確認することが重要です。企業によっては、副業を禁止している場合や、事前に申請や報告が必要な場合があります。また、競業防止条項が設けられている場合、同業種での副業が禁止されていることも考えられます。

 

このような制限や規則がある中で、不動産投資を行う方法として「家族を代表にする」という回避策が考えられます。

具体的には、法人を設立し、その代表者として家族を立てることで、自身が直接的に不動産投資を行っているとはみなされないため、副業規則の制約を受けにくくなります。

 

家族を代表にする方法には、以下のメリットが考えられます。

  • 自身の主たる職業とのコンフリクトを避けることができる。
  • 家族全体での資産形成や運用がスムーズに行える。
  • 税制上のメリットや経費の節約など、経済的な利点がある。

 

しかし、この方法にも注意点があります。家族を代表として法人を運営する場合、その家族が法的な責任を負うこととなります。また、家族間での意見の対立やコミュニケーション不足が生じるリスクも考慮する必要があります。

結論として、副業規則と家族を代表にする回避策は、多くのメリットを享受できる一方で、その運用や管理には十分な注意が必要です。

不動産投資を行う前に、十分な情報収集と家族とのコミュニケーションを重ね、最適な方法を選択することが求められます。

 

まとめ

不動産投資を法人で行うことには多くのメリットがあります。経費の活用や税制上の利点を最大限に活かすことで、賢い投資を実現することができます。

特に、5年以内の売却時の税率の違いは大きなポイントとなります。しかし、会社員として副業で不動産投資を行う場合は、副業規則や家族を代表にするなどの回避策を知っておくことが重要です。

不動産投資を始める前に、法人としての投資のメリットをしっかりと理解し、成功への第一歩を踏み出しましょう。