おすすめの不動産投資会社【厳選12社】 >>

当サイトはプロモーションが含まれています

【新築vs中古】不動産投資でアパート一棟を所有する際の2つの選択肢とは?

この記事では、不動産投資におけるアパート一棟投資の種類と選択肢について詳しく解説します。アパート一棟投資には新築と中古の2つの選択肢があり、それぞれには異なる魅力と注意点が存在します。

さらに、地域特性も選択肢に影響を与える重要な要素となります。最後に、自身の資産背景によりどちらの選択肢が最適か考えていきます。不動産投資を検討している方、特にアパート投資に興味のある方にとって有益な情報を提供します。

 

アパート一棟投資の種類と選択肢

不動産投資におけるアパート一棟投資は、その種類や選択肢が多岐にわたるため、オーナーの状況や目指す投資目標により、最適な選択が異なります。その中でも主に注目すべきは、物件が新築か中古かという選択です。

新築のアパートは、建築後すぐにオーナーとなる形態です。新築物件のメリットは、建物や設備が新しいため、初期の修繕費用が少なく、また建物価格の上昇を見込むことができます。

さらに、建築時に最新の設備を導入することで、高い家賃を設定することが可能となります。また、税制上の優遇措置を利用することも可能です。

 

一方、中古のアパートは、すでに一定期間使用されている物件を購入する形態です。中古物件のメリットは、新築物件に比べて購入価格が安く、初期投資を抑えられることです。既に入居者がいる場合は、購入後すぐに家賃収入を得ることが可能です。

しかし、中古物件には修繕費用がかかる可能性があるため、その点は注意が必要です。具体的な修繕費用は物件の年数や状態によりますが、例えば、10年経過したアパートの場合、1戸あたり約30万円程度が必要となるケースもあります。

 

新築アパート投資の魅力と注意点

新築のアパート投資には、その魅力と注意点が存在します。まず、魅力として挙げられるのは、新築物件特有の「新築効果」です。

新築アパートは最新の設備や設計を持つため、比較的高い家賃設定が可能であり、キャッシュフローを見込むことができます。また、新築物件は設備の故障などが少ないため、初期の修繕費用を抑えることができます。

 

さらに、新築物件は将来的な売却を見越した場合、価格上昇を期待できる点も大きな魅力です。しかし、新築物件はその価格が高いため、初期投資が大きくなることは注意が必要です。

例えば、全6戸の新築アパートを東京23区で購入した場合、平均的な価格は約2億円となります。そのため、新築アパート投資を行う際には、初期投資に見合ったキャッシュフローを計画し、適切な資金計画を立てる必要があります。

 

また、新築アパートの投資には、入居者が集まるかどうかというリスクもあります。新築物件は家賃が高いため、家賃が高すぎて入居者が見つからないというリスクがあります。

そのため、物件の立地や家賃設定、対象となる入居者層などをしっかりと考慮することが重要です。

 

中古アパート投資の利点と懸念材料

中古のアパート投資には独自の利点と懸念材料があります。

まず、中古アパート投資の大きな利点は初期投資のコストを抑えられる点です。新築アパートに比べ、中古アパートの価格は低く、手頃な価格で物件を手に入れることが可能です。

例えば、全6戸の中古アパートを東京23区で購入する場合、平均的な価格は約1億2,000万円となり、新築アパートの半分程度の価格であることが多いです。そのため、初めての投資や手持ちの資金が限られているオーナーにとって、中古アパート投資は手軽な選択肢となることが多いです。

 

また、中古アパートは既に入居者がいるケースが多いため、購入後すぐに家賃収入を得ることが可能です。これにより、購入後すぐにキャッシュフローを生み出すことができます。

しかし、中古アパート投資には懸念材料も存在します。特に、修繕費用が発生する可能性があります。物件の経年劣化に伴い、設備の修繕や更新が必要となることが多く、その費用は予測以上に高額になることがあります。

そのため、中古アパート投資を行う際には、将来的な修繕費用を見越した計画が必要となります。

 

地域特性による選択肢の変動

不動産投資では、物件の所在地やその地域特性が選択肢に大きな影響を及ぼします。アパート投資も同様で、物件が所在する地域によって、新築アパートと中古アパートのどちらが有利かが変わることがあります。

例えば、首都圏や大都市圏では新築アパートが良い選択となることが多いです。これらの地域では人口が集中しているため、新築アパートの家賃設定が高めでも入居者を確保しやすいです。また、土地価格の上昇が見込めるため、将来的な売却益を期待できます。

 

一方、地方都市や人口が少ない地域では、中古アパートが有利となるケースが多いです。地方都市では新築アパートの家賃が高すぎると入居者を確保するのが難しいため、中古アパートで家賃を抑え、入居率を高める戦略が有効となることが多いです。

以上のように、物件の選択は地域特性によって大きく変わるため、具体的な投資計画を立てる前に、地域の特性を十分に理解し、それに基づいた投資戦略を立てることが重要です。

 

まとめ

本記事では、アパート一棟投資の新築と中古の2つの選択肢について、それぞれの特徴、魅力、注意点を解説しました。

地域特性や市場動向も選択に影響を与える要素として考慮する必要があること、そして最終的な選択は自身の資産背景によって異なることを理解していただけたことでしょう。

不動産投資は個々の状況に最適な選択をすることが重要です。それぞれの選択肢が自身の投資戦略にどのようにフィットするか、引き続き深く考えてみてください。